さすがのザック采配 カタール戦へ伊野波ら“試運転完了”

[ 2011年1月18日 16:23 ]

アジア杯1次リーグB組  日本5-0サウジアラビア

(1月17日
カタール・ドーハ)
 サッカーのアジア杯で17日、日本は1次リーグB組最終戦のサウジアラビア戦に5―0で完勝し、8強入りを決めた。早々と大勢が決した試合で、ザッケローニ監督は巧みな用兵で代表経験の少ない選手のテストの場に切り替え、準々決勝へ大きな収穫を得た。

 指揮官は右サイドバックの内田(シャルケ)が前半に今大会2度目の警告を受けて次戦の出場停止が決まると、後半で伊野波(鹿島)を起用した。3点リードの状況で出た伊野波は「出るからには少しでもアピールしようと思った」と言うように、鮮やかな右クロスで4点目をアシスト。カタール戦に向けた“試運転”を済ませた。

 後半途中に、シリア戦で警告を受けたセンターバックの吉田(VVVフェンロ)に代えて岩政(鹿島)を入れ、本田拓(清水)も投入した。主力選手に警告がかさむことを避けながら、新戦力のプレーを見極めた。

 本田圭(CSKAモスクワ)松井(グルノーブル)を負傷で欠いた攻撃陣は先発に代表2試合目の柏木(浦和)を抜てき。香川(ドルトムント)岡崎(清水)と試した2列目の組み合わせで新たな可能性を引き出した。

 「故障者、出場停止の選手はこれからも出てくる。そういう意味で(柏木)陽介、伊野波がいい仕事をした。全員の力が必要になってくる」と遠藤(G大阪)は言う。より厳しい戦いが待ち受ける今後へ、チームの底上げができたことは心強い。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年1月18日のニュース