J1昇格だけじゃない 熊本・高木監督「チャンピオンになろう」

[ 2011年1月18日 15:04 ]

初日の午前練習を終え、スポンサーがふるまったぜんざいを味わう高木琢也監督

 J2熊本は17日、同市の水前寺陸上競技場で始動。18日に来日する新MFエジミウソンを除く27選手が顔をそろえた。高木琢也監督(43)は前日掲げた「J1昇格」の目標をさらに進め「チャンピオンになってJ1に上がる」と優勝宣言。勝負の1年のスタートを切った。

 就任2年目の指揮官が究極の目標の封印を解いた。「目標はアクションを起こせば手に握れる。上がるだけでなくチャンピオンになろう」。08年のJ2参入に際して描いたクラブの青写真は「5年でJ1」。昇格は3位以内で歴代監督も「優勝」の2文字は口にしなかった。しかも今季はA代表を抱えるFC東京がJ2にいる。それでも高木監督は「このチームでチャンピオンになるとは誰も口に出せなかったかもしれない。でも口に出すことで形になるかもしれない」とチームの決意と挑戦心をあおった。

 練習も「走らせる」の予告どおり、初日の午前から1500メートル走、ピッチ6周のペース走2本などいきなり約5キロを課した。今週末から開幕までに昨年並の10試合前後の練習試合を計画し、昨季以上の磨きをかける。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年1月18日のニュース