調子上げ8強進出の日本 主軸復調、新戦力も試運転

[ 2011年1月18日 00:23 ]

アジア杯1次リーグB組 日本5-0サウジアラビア

(1月17日
ドーハ、アルラヤン・アルラヤン競技場)
 日本に本来の動きが戻ってきた。中東屈指の強豪サウジアラビアを過去の対戦で最多の5点差で一蹴し、B組を順当に首位通過。指示を出し続けるザッケローニ監督の顔も自然とほころんだ。

 3得点した岡崎が紛れもない主役だが、それを演出した2人のプレーも見逃せない。先制点は遠藤が十八番の絶妙スルーパスをゴール前に送り、5分後には左から切り込んだ香川が鋭い切り返しからクロス。ここまでの2試合は期待外れだったキーマンの2人が、極上のアシストで復調ぶりを示した。

 ザッケローニ監督の母国でワールドカップ(W杯)優勝4度を誇るイタリアは、スロースターターで知られる。「アジア杯やW杯では大会中に成長するものだ」と同監督。日程の問題による調整不足もあり、試合をこなしながらピークに達する青写真を描く。

 同監督は大事を取って本田圭を休ませ、次戦の出場停止が決まった内田を前半だけで下げて代表初出場の伊野波を投入した。香川ら頼れる主軸が本領を発揮し始め、伊野波のほか岩政、本田拓、柏木ら新戦力の試運転もできた。準々決勝に大きな手応えを得たはずだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年1月18日のニュース