【東京新馬戦】デュードヴァン、3番手から抜け出して快勝 ルメール「しっかり反応した」

[ 2019年10月27日 05:30 ]

 東京6R(ダート1600メートル)は、1番人気のデュードヴァン(牡=加藤征、父デクラレーションオブウォー)が3番手から抜け出して快勝した。手綱を取ったルメールは「物見していたが、並んでからムチを入れるとしっかり反応した。少しわがままだけど、真面目に走ってくれた」と評価。加藤征師は「タピット(母の父)の血統だからワンターンのコースが合っている。今後はもう少し良くなりそうだ」と語っていた。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2019年10月27日のニュース