【京都新馬戦】タマモアテネ、クビ差しのいで初陣V

[ 2019年10月27日 05:30 ]

アサカディネオ(12)にクビ差で勝利しデビュー戦を飾ったタマモアテネ(奥) (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 京都4R(ダート1200メートル)は、1番人気タマモアテネ(牝=五十嵐、父トランセンド)が外から迫る2着馬を首差しのいで逃げ切った。坂井は「調教の段階から、いい馬だと思っていました。実戦で良さを生かせました。まだ遊びながら走っているので、上に行っても楽しみ」と振り返った。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2019年10月27日のニュース