【天皇賞・秋】(12)ドレッドノータス スイッチ入った

[ 2019年10月27日 05:30 ]

 6歳ドレッドノータスは東京到着後もベテランらしくリラックス。「精神的に落ち着いているね。輸送中も隣の馬と遊ぶぐらいの余裕があった」と池田厩務員。「追い切ってからの気配もいい。馬がレースを分かっているし、スイッチが入った」と気合乗りも十分だ。また、この日に僚馬リスグラシューが豪G1を制覇。「厩舎の勢いに乗って何とか上位に食い込んでほしい」と願った。

続きを表示

「AJCC(G2)」特集記事

「東海S」特集記事

2019年10月27日のニュース