【寺下の変 特別編】27日京都10R ゴルトマイスターの逃げ推し

[ 2019年10月27日 08:00 ]

 やや重でスタートした土曜の東京芝レースは、天皇賞・秋と同じ2000メートル戦だった2Rで2歳レコード(=1分59秒8)が出た。今日はさらに馬場が乾きそうで、G1はかなり速い時計での決着になりそう。◎アエロリットは東京の高速決着に強い快足牝馬。持ち味のスピードをフルに生かして、強敵完封に期待したい。

 G1の資金稼ぎは京都10Rの◎ゴルトマイスターで。逃げた近2走は古馬相手に、6馬身→4馬身差の楽勝。マイペースで運ぶスタイルなら、昇級しても通用する。これまで先着されたのはマドラスチェック、ハヤヤッコの2頭のみ。それぞれ鳳雛S、レパードSのオープンクラスを勝っており、この馬も能力はトップクラス。関東馬ながら京都には2回遠征し、ともにV。2走前の勝ち時計は開催No・1だった。ここも通過点。

 馬券は単勝&馬連流しで相手はゴールドラグーン、アッシェンプッテル、ヒストリーメイカー、パキュートハート、メイショウマトイ、メイショウエイコウ、メイショウテムズの7頭へ。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2019年10月27日のニュース