【天皇賞・秋】(8)マカヒキ 名タッグで復活

[ 2019年10月27日 05:30 ]

 友道勢3頭で最年長6歳のマカヒキは東京入り後も堂々としていた。山田助手は「輸送は3頭ともおとなしかった。暴れることもなく無事に来られました」と伝えた。16年のダービー馬も同年の仏G2ニエル賞以来勝利がなく、勝てば約3年1カ月ぶり。先週の菊花賞を制した武豊×友道厩舎のタッグで2週連続G1制覇を狙う。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2019年10月27日のニュース