【天皇賞・秋】(15)ウインブライト 自在性に懸ける

[ 2019年10月27日 05:30 ]

 ウインブライトは金曜と同じ午前9時すぎに北馬場で運動。ダクでCコース(ダート)を1周半回った。良化途上、外枠と厳しい条件になかなか陣営のトーンも上がらないものの、アクシデントはなく順調に最終調整を終えた。木場迫助手も「トモ(後肢)がもうワンパンチ入れば凄くいいが、悪いところはないので。枠は厳しいが、自在性があるのでそこに懸けます」と地力に期待していた。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2019年10月27日のニュース