【アルテミスS】リアアメリア圧巻重賞初V 4角最後方から末脚サク裂

[ 2019年10月27日 05:30 ]

(8)サンクテュエールを抑え、1着に入った(9)リアアメリア(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 2歳牝馬の重賞「第8回アルテミスS」が26日、東京競馬場で行われ、単勝1・3倍の1番人気に支持されたリアアメリアが豪快に追い込み、デビュー2連勝で重賞初制覇。また、京都の「第62回スワンS」も1番人気のダイアトニックが差し切って重賞初Vを決めた。

 新馬戦で無造作に8馬身ちぎった噂のディープインパクト産駒リアアメリア。その実力は本物だった。新馬戦同様に道中は頭を上げる若さを露呈したが、4角最後方からすさまじい末脚を繰り出していく。先に抜け出したサンクテュエールを大外から3/4馬身ねじ伏せた。手綱を取った川田は「思っていたほど着差はつきませんでしたが、現状では十分な競馬ができました。遅いペースでも辛抱できたし、いい経験になりました」と振り返る。約5カ月の休養明けで馬体重20キロ増。「全て成長分です。一気に増えた分、動きづらい面もありましたが、次はもっと動きやすくなると思います」

 中内田師は阪神JF(12月8日、阪神)を目指す意向を示した。「次はG1という話になるでしょう。頭を上げるなど若さを見せている現状ですが、馬体も含めてまだまだ成長します」と、昨年のダノンファンタジーに続く2歳女王へ期待を膨らませた。

 ◆リアアメリア 父ディープインパクト 母リアアントニア(母の父ロックポートハーバー)牝2歳 栗東・中内田厩舎所属 馬主・シルクレーシング 生産者・北海道安平町ノーザンファーム 戦績2戦2勝 総獲得賞金3632万2000円。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2019年10月27日のニュース