【朝日杯FS】(10)ヒラソール 脚温存して一発狙う

[ 2018年12月16日 05:30 ]

 ヒラソールは坂路をサッと流した。加用師は「特に変わったところはないです」とサラリ。はやキャリア6戦となるが「新馬戦の時からいいところを見せていたからね」と素質を感じ取っていたという。10番枠からの発進に「外枠がよく当たっていたし、偶数枠は良かった。前走は大外枠でもうまく馬混みで脚をためて、いい勝ち方だった」。ここも脚を温存して一発を狙う。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2018年12月16日のニュース