【朝日杯FS】(13)ニホンピロヘンソン 浜中の手腕一任

[ 2018年12月16日 05:30 ]

 ニホンピロヘンソンはダートのEコースでフットワークを確かめた。前走はテンションが高かったこともあって、この中間はその点を考慮して調整をしてきた。「馬は特に変わりない。当日、落ち着いていればいいですね」と安達師。連勝は共に2番枠だったが、今回は13番。「スローでも折り合いは付くと思うし、乗り方はジョッキーに任せます」と浜中に託した。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2018年12月16日のニュース