【朝日杯FS】グランアレグリアは3着…ルメール「併せ馬の経験なかったからね」

[ 2018年12月16日 20:56 ]

<阪神11R・阪神JF>ルメール騎乗のグランアレグリアは3着に敗れた(撮影・長嶋 久樹)
Photo By スポニチ

 38年ぶりの牝馬Vを狙ったグランアレグリアは3着に沈んだ。道中は逃げたイッツクールを見ながら2番手をキープ。抜群の手応えで直線を迎えたが、マークしていたアドマイヤマーズが外から併せると、嫌がるように馬体を離して内へ。2連勝で見せた伸び脚は発揮できず、最後はクリノガウディーにもかわされた。

 牡馬の気迫に押されたか。ルメールは「道中はリラックスして走れていたが、ミルコが外から来た時にバランスが悪くなり内へ逃げた。反応も悪かった。これまでの競馬が余裕すぎて、併せ馬になる経験がなかったからね」と肩を落とした。

 藤沢和師は「残念。内へよれたのは初の右回りも影響したかも。また来年、出直します」とサバサバした表情で完敗を認めた。今後は放牧に出て来春の桜花賞に備える予定。「足りないのは経験だけ」。そう繰り返したルメールの言葉通り、苦い敗戦は必ずや来春への糧となるはずだ。(浜田 公人)

続きを表示

「根岸S(G3)」特集記事

「シルクロードS(G3)」特集記事

2018年12月16日のニュース