【万哲の乱 特別編】16日中山11R アドマイヤリードが初の中山で変わる

[ 2018年12月16日 08:00 ]

 厩舎関係者に聞くと「中山と阪神は似ている」という声は少なくない。ともに右回りの競馬場で、ゴール前に上り坂が控えるコースレイアウト。芝質も東京や京都が軽いと言われるのに対し、特に洋芝をオーバーシードしている今の厳寒期の芝は「重め」。だから中山で好走する馬は阪神でも走る。その逆も真なり。有馬記念と宝塚記念がリンクする(オルフェーヴルやゴールドシップが典型)のも、そんな理由からか。

 中山11R・ディセンバーSの◎アドマイヤリードは5歳冬にして中山初登場。2走前の府中牝馬S(7着)でも自身は上がり3F32秒7の末脚を繰り出しているが、スローペースの上に芝質が軽い状況下では善戦止まりに終わってしまう。そこで、初の中山参戦が起爆剤にならないか!?阪神では勝ち星こそないが、3歳時の桜花賞で5着。そして阪神牝馬Sでは昨年2着、今年4着と重賞で頑張っている。いずれもゴール前の急坂でグイグイ伸びた。ステイゴールド産駒の“中山好き”は今さら説明不要。さばきやすい手頃な11頭立て。単騎逃げ濃厚のマイネルハニーが58キロの酷量を背負うだけに、差し馬浮上の展開があっていい。

 《もうひと押し》中山10R・南総Sは◎タイセイスターリー。以前は引っ掛かったりして気性面に難点があった。それが前走・浜松S(4着)は好位から上手な競馬。敗れたとはいえ、最後までしっかり走った。12日の最終追いは坂路4F51秒9と引き続き絶好。もまれにくい外寄り12番枠を得て、久々のVチャンス。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2018年12月16日のニュース