【阪神新馬戦】ミッドナイトラヴ初陣V 池添&松永幹師「これから良くなる」

[ 2018年12月16日 13:23 ]

<阪神6R新馬戦>メイショウコミチ(右)の猛追を押さえたミッドナイトラヴが快勝(撮影・長嶋 久樹)
Photo By スポニチ

 16日の阪神6R新馬戦(1400メートル)は、ミッドナイトラヴ(牝=松永幹、父ロードカナロア)は迫るメイショウコミチをあっさり振り切って初陣Vを飾った。

 池添は「スタートを出て、馬任せであの位置。いいペースで逃げられた。体に余裕があって最後は苦しくなったけど、これから良くなりますよ」と振り返った。

 松永幹師は「上手に走ってくれた。目イチの仕上げではなかったので、これから良くなってくると思う」と完勝ぶりに笑みが絶えなかった。次走は未定。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2018年12月16日のニュース