【中山新馬戦】ジャパンスウェプトがねじ伏せる 戸崎「最後も余裕があった」

[ 2018年12月16日 13:47 ]

 中山5Rの新馬戦(ダート1200メートル)は、好位を進んだ1番人気ジャパンスウェプト(牡2=古賀慎、父スウェプトオーヴァーボード)が逃げ粘るアシャカマキシン(2着)をねじ伏せて初陣V。

 騎乗した戸崎は「返し馬から凄い勢いで力もスピードもあると思った。興奮するところがあるので落ち着かせながら乗ったが、最後も余裕があった。先々まで楽しみ」と素質を絶賛。今後について古賀慎師は「今日はダートを使ったが、先々はいろいろ考えてもいいかな」と芝への出走も視野に入れていた。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2018年12月16日のニュース