【朝日杯FS】(7)ソルトイブキ 満足満点仕上げ

[ 2018年12月16日 05:30 ]

 ソルトイブキは坂路を駆け上がってフットワークを確かめた。「追い切った後も変わらない。いい意味で好調維持」と木原師。1F延長の前走で上がり最速の脚を使って差し切った。「100点満点の内容。このメンバーでどれくらい脚が通用するか」。新種牡馬ベルシャザール産駒としては初のG1舞台。「雨馬場になっても跳びが大きい感じではないので大丈夫じゃないかな」と話した。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2018年12月16日のニュース