【中山新馬戦】ブラスト快勝!福永「能力はかなり高い」

[ 2018年12月16日 05:30 ]

<中山5R>新馬戦を制したアイスブラスト(左)(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 中山5R新馬戦(芝1800メートル)は4番人気アイスブラスト(牡=戸田、父ゼンノロブロイ)が直線抜け出して快勝した。手綱を取った福永は「能力はかなり高い。ハミを取ったのは3角手前だけ。遊びながら走って勝ってくれた」と絶賛する。今年の北海道トレーニングセール(落札価格2430万円)の出身馬。一昨年に設立されたクラブ法人、DMMドリームクラブにとってはキタノコマンドール(牡3)、ラヴズオンリーユー(牝2)に続く新馬勝ちとなった。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2018年12月16日のニュース