【ひいらぎ賞】キングリー無傷2連勝!戸崎も将来有望視

[ 2018年12月16日 05:30 ]

<ひいらぎ賞>レースを制したダノンキングリー(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 中山9Rの2歳500万下・ひいらぎ賞は、2番人気ダノンキングリー(牡=萩原、父ディープインパクト)がデビューから無傷の2連勝。中団から4角手前で徐々にポジションを上げると、鋭い伸び脚で直線外から抜け出した。2着に3馬身半差の完勝。戸崎も「新馬戦より体も精神的にも成長。早めから(アクセルを)踏んでいったのに脚色が衰えなかった。今後が楽しみ」と絶賛した。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2018年12月16日のニュース