【中山新馬戦】レッドアステル断トツ人気に応える マーフィー「未来は明るい」

[ 2018年12月16日 13:46 ]

 中山6Rの新馬戦(芝1600メートル)は、単勝1・5倍の圧倒的な1番人気に推されたレッドアステル(牝2=国枝、父ディープインパクト)が順当にデビュー勝ち。好位のインでスムーズに折り合い、直線で狭いところを割って鋭く抜け出した。

 手綱を取ったマーフィーは「能力が高い。まだ馬が幼いのでムチを使わなかったが、使う必要がないくらい楽だった。未来は明るい」と将来性の高さに太鼓判を押した。今後について国枝師は「まだ体も小さいし、様子を見ながらじっくりいきたい」と語った。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2018年12月16日のニュース