【朝日杯FS】(4)ドゴール 発馬がポイント

[ 2018年12月16日 05:30 ]

 ドゴールは午後1時40分に阪神入り。「輸送はスムーズだった」と荒川厩務員。事前計量462キロは前走から14キロ増だが「成長分あっての数字。輸送で少し減ってレースは450キロ台になりそう」。前走はグランアレグリアに食い下がっての2着。「人気はなかった(8頭立て7番人気)が頑張ってくれた。今回も課題のゲートさえうまく出てくれれば」と大駆けを狙う。

 ≪末脚に期待≫ドゴールは前走でグランアレグリアの2着。後方からの形になったが、メンバー最速の上がり3F33秒7は評価したい。引き続き人気薄なら、サウジアラビアRC組2頭でも高配当が期待できる。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2018年12月16日のニュース