【午後の狙い馬・16日中山11R】すんなりハナでマイネルハニー

[ 2018年12月16日 11:56 ]

 中山の午前に行われた芝の競走は3Rの2歳未勝利戦(1600メートル)のみで優勝タイムは1分35秒5、上がり3F35秒5。速くも遅くもない平均的な馬場状態だが、1&2着馬は好位インの経済コースを回った2頭だった。開催3週目でも内は荒れておらず、ペースが極端に速くならなければ内枠の先行馬が有利だ。

 中山11R(芝1800メートル)はマイネルハニーが面白い。何が何でもハナというタイプではないが、逃げても好位でもマイペースで運べるかが鍵になるタイプ。強力先行型がそろっていた前走・福島記念(8着)は持ち味を出せずに終わった感が強い。今回は他に先行型が不在で、枠順も前に行くには理想的な2番。すんなりハナを切れる公算が大きく、58キロでも残り目は十分ある。

続きを表示

「ドバイワールドカップデー」特集記事

「春の中距離王決定戦 大阪杯」特集記事

2018年12月16日のニュース