安藤美姫 スポーツにヤジは必要?に言及「マイナスなことは言う必要がないと思う」

[ 2021年9月15日 22:43 ]

安藤美姫
Photo By スポニチ

 プロフィギュアスケーターで元世界女王の安藤美姫(33)が15日放送のABEMA「ABEMAPrime」(月~金曜後9・00)に出演。“スポーツにヤジは必要か”という議論で自身の思いを語った。

 スポーツのヤジは愛のムチか、ただの暴言かという論争で、コメントを求められた安藤は「フィギュアスケートを観戦してくださっている方ってヤジがなくて。私自身は経験がないんですね。手紙とか今だとSNSでは書かれたりしたんですけど」と応じてから「私もサッカーや野球を観戦させてもらったことがありますし、アスリートの立場からすると最初はもちろん傷つきます。知らない人からそんな言葉を言われてもベストなパフォーマンスをしないといけない環境は、選手にとってはやりにくいと思う」と話した。

 「(ヤジは)愛があるかもしれませんが、それを選手がどう捉えるか。たとえば『ちくしょう!』と思ってホームランを打つ選手もいれば、その言葉を聞いたがために、心が疲れてしまってベストパフォーマンスができない選手もいると思う」と続けた。

 「本当にマイナスなことは言う必要がないと思う。ヤジだけじゃなくて、マイナスなネガティブな感情って自分も幸せになれないし、応援している選手たちの力になるかと言ったら、やっぱりポジティブな応援の方が絶対に力につながる」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年9月15日のニュース