松本穂香 短編映画で主演「幸せな気持ちでいっぱい」

[ 2021年9月15日 05:30 ]

映画「DIVOC-12」の完成披露試写会に出席した(左から)藤井道人監督、上田慎一郎監督、ロン・モンロウ、松本穂香、小関裕太、藤原季節、三島有紀子監督
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けたクリエーターを支援するソニーの「グローバル支援基金」を活用した映画「DIVOC―12」(10月1日公開)の完成披露試写会が14日、都内で行われた。

 三島有紀子(52)、上田慎一郎(37)、藤井道人(35)の各監督ら12人の監督が参加した短編オムニバス。上田監督の「ユメミの半生」に主演した松本穂香(24)は「素敵なプロジェクトに参加できて、幸せな気持ちでいっぱいです」と感慨深げに話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年9月15日のニュース