「キングダム」の作者原泰久氏、今年3月の離婚を報告 こじるりが先月ラジオで交際認める

[ 2020年9月3日 18:01 ]

「キングダム」の作者原泰久氏
Photo By スポニチ

 タレントの小島瑠璃子(26)が交際を認めた人気漫画「キングダム」の作者原泰久氏(45)が3日、ツイッターを更新。今年3月に離婚したことを報告した。

 「この度は私事で読者の皆様、関係者の皆様、お騒がせしてしまい大変申し訳ありませんでした。一部週刊誌にありましたように、私は今年3月に離婚いたしました」と発表。

 「仕事を言い訳に、支えてくれていた元妻ときちんと向き合うことをせず、家族を大切にできませんでした。私の不誠実な行いのせいで、周りの人を傷つけてしまったことを、重く受け止め、深く反省しております。本当に家族に対して不誠実であったことを後悔しております。時は戻りませんが、これからは償いの気持ちを抱えて生きていきます」と記した。

 読者や関係者に対しても「作品を読んでくださっている読者の中には、がっかりされた方も多いと思います。不快な気持ちにさせてしまい申し訳ありませんでした。支えてくださっている関係者の皆様、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

 原氏との交際が報じられた小島は先月8日、出演したラジオ番組で交際を認めた。共演の三村マサカズ(53)から「どうなんすか?写真撮られてましたけど」などと問われると、小島は「どれくらいしゃべっていいか分からないのですが、その通りです」と交際を認めた。原氏の人柄については「人格者ですし。もう尊敬から…」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月3日のニュース