古谷一行、急性胃潰瘍で入院 事務所「本人は至って元気」

[ 2020年9月3日 05:30 ]

俳優の古谷一行
Photo By スポニチ

 俳優の古谷一行(76)が2日、腹部の痛みを訴えて、都内の病院に救急搬送され入院した。

 所属事務所によると、診察を受け急性の胃潰瘍と診断された。数日間入院し、検査と治療を受けるという。大事に至るような病状ではないといい、事務所の担当者は「ご心配をお掛けしておりますが、本人は普通に会話もでき、至って元気です」と話している。仕事に影響はないという。

 古谷は2011年に早期の肺がんが発見され、切除術を受けている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年9月3日のニュース