元モー娘“絶対エース”鞘師里保 本格的に活動再開 米NYで磨いたダンスと歌を武器に

[ 2020年9月3日 07:00 ]

芸能事務所「ジャパン・ミュージックエンターテインメント」に所属し芸能活動を本格再開させる元「モーニング娘。」の絶対エース・鞘師里保
Photo By 提供写真

 「モーニング娘。」で“絶対的エース”と呼ばれ、2015年で卒業した鞘師(さやし)里保(22)が、女優の篠原涼子(47)らが在籍する芸能事務所「ジャパン・ミュージックエンターテインメント」に所属し、芸能活動を本格再開する。

 卒業後はダンスと語学を学ぶため、米ニューヨークなどに2年間留学。18年11月に当時の所属事務所と契約終了後は、フリーで少しずつ活動してきた。

 本紙などの取材に応じた鞘師は「留学前はSheとHerの区別もつかなかった」のがうそのような流ちょうな英語で「I want my fans to see “brand new SAYASHI”!(ファンの方に新しい鞘師を見せたい)」と語った。

 グループ史上屈指といわれたダンスの技量に本場の表現力が加わった。今後はダンスと歌を中心にしつつ「まだ話にもならないですが、アジア風の顔なので需要があるかもと…」と、米ブロードウェーのオーディションを受ける構想や「NHKの朝ドラに出たい」との夢も語った。

 アイドル時代は孤高のムードもあったが、周囲の支えに感謝を忘れない精神的成長も遂げた。休業状態に陥り「人生設計を考えることも」。人生を見つめ直し「もっと人に向き合おう」と決め、コツコツと仕事をした。

 再出発は過去との決別ではない。「応援してくれる人に喜んでもらうこと」だ。卒業公演を行っていないため「ファンの皆さんに面と向かって思いを伝える場所をつくれたら」。以前と変わらない切れ長の目には、優しく温かい光が宿っている。

 肩書から「元モーニング娘」が取れるのが一つの目標。「(モー娘と)お互い成長して大きな舞台を一緒に踏めたら」。その夢を見据え再び突っ走る。 (桑原 淳)

 ◆鞘師 里保(さやし・りほ)1998年(平10)5月28日生まれ、広島県出身の22歳。アクターズスクール広島で腕を磨き、モー娘9期メンバーオーディションで合格し11年に加入。14年に記録したグループ初のシングル5作連続1位など再ブレークを支えた。叔父はプロ野球・広島の鞘師智也スカウト。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年9月3日のニュース