石田純一、自民党総裁選にチクリ「三密がいけないって言うけど、もう一つ加えて欲しいですね密室政治」

[ 2020年9月3日 16:14 ]

俳優の石田純一
Photo By スポニチ

 俳優の石田純一(66)が3日、木曜コメンテーターを務める文化放送「斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!」(月~金曜後3・30)に生出演。自民党総裁選をめぐっての動きで、持論を展開する場面があった。

 総裁選は岸田文雄政調会長、石破茂元幹事長、菅義偉官房長官の選挙戦となる。既に党内7派閥のうち5派閥が菅氏支持に回り、394の国会議員票で優勢となっている。

 石田は「コロナ禍で三密がいけないっていうけども、もう一つ加えて欲しいですね密室政治」といい、「党員とかボトムからの意見とか入れての堂々の選出だったらいいんですけど」とチクリ。「いつぞや小渕(恵三)さんが入院して、お亡くなりになって。その後、森(喜朗)さんが選出された密室で決まった総裁選をちょっと連想させるのが残念ですね」と語った。

 「今回はですね、一応“暫定政権”の形を取っていると思うんですね。ただ、我々国民にとっては暫定政権はいらないと、本格的にちゃんとやってもらってそのうえで決まったならいいんですけどね。しかし、7年8カ月ナンバー2で実質仕切ってこられたという印象も強いですよね。総理大臣になってから変わった菅義偉さんを見せてもらえるのかなと小さな希望もあります」と展望を語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年9月3日のニュース