山里亮太 念願の教習所も初日から「ダサい」ハプニング 蒼井優は「蝶ネクタイと半ズボンで行ったら」

[ 2020年9月3日 16:59 ]

「南海キャンディーズ」の山里亮太
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(43)が2日深夜放送のTBSラジオ「山里亮太の不毛な議論」(水曜深夜1・00)に出演し、自動車教習所へ通うことを巡る、妻で女優の蒼井優(35)とのやり取りを明かした。

 自動車免許取得を目指して教習所への入校手続きを済ませていることを明かしていた山里だが、ようやく次の段階に進んだという。「行ったよ、入校式。緊張したね」とし、「家を出る時にね、WAONさん(蒼井)にね、『蝶ネクタイつけなくていいの?』『蝶ネクタイと半ズボンで行ったら?』って言われたけど。小学生の入校式のような感じの」と、蒼井から茶化されたことを明かした山里。結局、妻が薦めたスタイルではなく、デニムにTシャツ、スポーツシューズで行ったという。

 「(妻に)行ってくるわっつって行ったわけさ。入校式行ってさ。やっぱね、若い人ばっかり。多分、俺が行った日はおじさん最年長」と説明した山里。「早く着いたから自習室にいて。新品の教本をおじさんが広げているのを(周りの)みんなが見て『あのおじさん今日からじゃない?』と思われるのが恥ずかしいから本を隠して。『ここにずっと前から通っています』みたいな空気を醸し出してさ」と、余裕な表情を装いつつ、その後、初日の学科を受けたという。

 「ICカードを機械に通してから着席して授業を受けるんだけど、自分の番が来て…本当に情けない。(機械が)全然起動しないの。あれあれ?って言って」と山里。「後ろには俺の半分くらいの年齢のさ、抜け感のある服の着方をする人でさ。おじさんのICカードが起動しない様子をずっとさ、『だから嫌なんだよ、おじさんは…』という空気をその子は出していないんだろうけど、それを感じたのよ」と当時の状況を振り返った。

 山里は「何回やってもダメで。最終的にどうしたかって俺、そのICカードに(息を)フッとやっちゃったの。でも直んないの。そうしたら係の人が来て『大丈夫ですよ。後でやりましょう』って言われて。ダサい」と、初日から冴えなかったことを明かしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年9月3日のニュース