和田アキ子、上沼恵美子の「えみちゃんねる」終了に「よっぽどのことがあってのことやと思う」

[ 2020年7月25日 16:17 ]

和田アキ子
Photo By スポニチ

 歌手の和田アキ子(70)が25日、ニッポン放送「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」(土曜前11・00)に出演。上沼恵美子(65)が司会を務める関西テレビ「快傑えみちゃんねる」が終了したことに「よっぽどのことがあってのことやと思う」などと、私見を述べた。

 同番組は前日24日、開始から25年・放送回数1056回の歴史に幕を下ろした。突然の終了をめぐっては上沼が局側と衝突し、出演を拒否した経緯が浮上している。

 「私としてはビックリしたのは、上沼ちゃん」と和田。個人的な見解として、局との契約は「半年、一番短くても3カ月」と説明した上で、「スポンサーの問題もあるし、後番組どうするって。それを上沼ちゃんほど、25年もやっていて。今ちょうど中途半端なんですよ」と指摘した。「10月から新しい(番組)の普通始まるから。今やめて…」と、番組の改編期ではないことに首をひねり、「よっぽどのことがあってのことやと思うねんけど」と話した。

 上沼が結婚し一時芸能界を離れたことにも触れ、「1回引退って言うか辞められて復活して、あの幅があったんだから」と、彼女の才能を称賛した。「拳あげて下ろせなかったら、私なんかはスタッフに下ろして欲しい。(自分を)後ろから羽交い絞めにして、あげた拳をね。私が間違ってそういうこと言っちゃったらね。ごめんねって謝ったかもしれない」と語った。

 自身が司会を務める長寿番組、TBS「アッコにおまかせ!」(日曜前11・45)は「35年やっている」とし、「私はずっとやっていきたいと思うもん。みんながいらないって言うまでは」と強調していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月25日のニュース