MCと若手3組だけで1時間 「過ぎるTV」で初の試み 見取り図・盛山「貴重な体験」

[ 2020年7月25日 06:00 ]

ABCテレビ「なるみ・岡村の過ぎるTV」でバトルする(左から)ネイビーズアフロ・はじり、皆川、見取り図・盛山晋太郎、りりー、さや香・新山士彦、石井誠一
Photo By 提供写真

 ABCテレビ「なるみ・岡村の過ぎるTV」(月曜後11・17)の27日放送でM―1ファイナリスト「見取り図」「さや香」と人気高学歴コンビ「ネイビーズアフロ」の3組が「真夏のロケスペシャルin淡路島」でガチンコ対決を繰り広げる。

 「大喜利」「宴会芸」「だるまさんが転んだ」「寝起きドッキリ」「牛を挟んでの漫才」と5つの対決を行い、淡路島の地元の人が審査員となって、一番面白いコンビを決める。番組冒頭にMCのなるみ(48)、ナインティナイン・岡村隆史(50)が登場するが、数分間だけ。ロケMC「セルライトスパ」と若手3組6人とだけで1時間の同番組を進行するのは初の試みとなる。

 見取り図・盛山晋太郎(34)は「若手だけでナイトインナイトを1時間丸々やるのは貴重な経験。全員まとめて何かしらのドッキリだと思ってました」と収録後も半信半疑の顔。「Mo―1」と称して牛を挟んで2人と1頭での漫才には、さや香・新山(28)が「一番きつかったのは牛との漫才。手助け何もない」と苦労話を披露した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月25日のニュース