藤井棋聖、敗退「ご飯の大盛り」の差!?

[ 2020年7月25日 05:30 ]

竜王戦決勝トーナメント3回戦で丸山九段(右)に敗れた藤井棋聖(日本将棋連盟提供)
Photo By 提供写真

 将棋の藤井聡太棋聖(18)は24日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた竜王戦決勝トーナメント3回戦で丸山忠久九段(49)に千日手指し直しの末116手で敗れ、敗退が決まった。

 この日両者が注文した昼食は、藤井が「肉豆腐(キムチ)弁当」のご飯少なめ、丸山が「チキン南蛮+肉豆腐(キムチ)弁当」で、ご飯をそうめん大盛りに変更した。竜王戦は各5時間持ちなので夕食休憩も設定されており、藤井は「チキンガーリックバター焼き弁当」、丸山も「チキンガーリックバター焼き弁当」だがご飯大盛りを注文。昼夜ともに「鳩やぐら」のメニューを選んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月25日のニュース