三浦翔平 春馬さんをしのぶ「君の死を受け入れるのは、まだまだ時間がかかる」「春馬。大好きだよ」

[ 2020年7月25日 15:57 ]

俳優の三浦翔平
Photo By スポニチ

 俳優の三浦翔平(32)が25日、自身のインスタグラムを更新し、今月18日に急逝した俳優・三浦春馬さん(享年30)を悼んだ。

 2人は2008年に放送されたドラマ「ごくせん」(日本テレビ系)で共演して以来、親交を深め、9月スタートの連続ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」(TBS系)で、“W三浦”として久しぶりの共演予定だった。

 サーフィンボードの上で笑顔を見せる春馬さんの写真をアップし、三浦は「最後の顔を見てから、寝てるだけなんじゃないか。またすぐ会えるんじゃないか。あの笑顔をまた見せてくれるんじゃないか。何度も現実逃避してるよ」と吐露。「君の死を受け入れるのは、まだまだ時間がかかる。君を想う全員が深い悲しみの中にいて、きっと誰かと話して、誰かと支え合いながら、また泣いて、胸が苦しくて、何かをしてなきゃ頭がおかしくなりそうだと思う」と、苦しい胸の内をつづった。

 「でも、いつまでも泣いてたら安心して眠れないよな?だから少しずつ、一歩ずつ、受け入れる様に頑張るから。俺達は一生懸命に生きて、お前の意志を受け継いで、お前が見たかった景色を絶対見せるから。だから見守っててね」と、天国の春馬さんにメッセージを送った。

 最後に「君と過ごした大切な思い出を、これから先もずっと胸に」と記し、「春馬。大好きだよ。どうか安らかに」としのんだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月25日のニュース