バンド「蟻」ボーカル・一葉 新型コロナに感染、陽性判明の「ジャックケイパー」メンバーと会話

[ 2020年7月25日 18:16 ]

新型コロナウイルスに感染したことが判明したヴィジュアル系バンド「蟻」のボーカル一葉
Photo By 提供写真

 5人組ヴィジュアル系バンド「蟻」のボーカル・一葉(かずは、年齢非公開)が25日、新型コロナウイルスに感染していたことが判明した。

 同バンドの公式HPがこの日、更新され「先日 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のPCR検査を受けたVo.一葉ですが、本日陽性判定となりました事をご報告いたします」と伝えた。

 所属事務所によると、一葉が感染した疑いのあるのは今月12日。同じ事務所に所属する「ジャックケイパー」のボーカル・飛炉(ひろ、7日に新型コロナ陽性)にあいさつするため東京都内のライブ会場を訪れ約1分間、マスクを外して話をしたと言う。

 「ジャックケイパー」は22日までに、メンバー5人全員がPCR検査で陽性判定を受けている。「一葉は17日の段階で熱が38.5度あり、保健所に状況を説明しましたが“一葉と飛炉はあいさつを交わし1分程度の会話をしただけなので、濃厚接触者にならない”とPCR検査許可が出ませんでした」と関係者は語る。

 結局、嗅覚消失(味覚異常無し)とせきの症状が続き22日に検査し、この日の陽性判定となった。この結果を受けて所属事務所では8月6日のOSAKA RUIDO、同7日のHOLIDAY NEXT NAGOYAでのライブ出演をキャンセル。インストアイベントの振替を調整している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月25日のニュース