たけし 東京五輪の日程問題でIOCに苦言「金ばっかり儲けようとしやがって」

[ 2020年7月26日 00:22 ]

ビートたけし
Photo By スポニチ

 タレントのビートたけし(73)が25日、TBS「新・情報7DAYS ニュースキャスター」(土曜後10・00)にリモート生出演。新型コロナウイルスの感染が止まらない中、東京五輪の開催可否について言及した。

 東京五輪の開催可否は日本側に決定権はなく、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は「無観客での開催は望まない」としており、再延期の可能性については「来年7、8月に東京五輪を開催するために全力を尽くす」と述べるにとどめている。

 開催について見通し不透明な中、2032年の候補地に立候補する案などさまざまな意見が飛び出していることについて、たけしは「死んでるよ俺なんか」とコメント。「だいたいIOCとかFIFAとか、世界のスポーツを牛耳っているやつらみんなあやしいんだ。金ばっかり儲けようとしやがって」と苦言を呈した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月25日のニュース