関ジャニ村上 ジョークで「役員の選択肢できた」 長瀬へエール「どうアウトプットされていくかが楽しみ」

[ 2020年7月25日 04:00 ]

「関ジャニ∞」の村上信五
Photo By スポニチ

 関ジャニ∞の村上信五(38)の一人舞台「If or…NEO」が24日、東京都新宿区の東京グローブ座で上演され、その模様が生配信された。

 “もしも村上が○○だったら”という設定でさまざまな演目に挑戦する作品。09年から18年まで上演され、今回は2年ぶりに復活。初演からおなじみの、村上が教師に扮するコーナーでは、ジャニーズ所属の各グループを食べ物に例えながら魅力を伝授した。

 公演前の囲み取材では、22日にメンバーの長瀬智也(41)の来年3月末での退所と、ジャニーズ事務所の子会社設立を発表したTOKIOについて「バンドとして見ていたかった」と寂しさを語った。

 子会社設立について「関ジャニもこれから先どうなるか分からないので、子会社ができたのはありがたい。役員になる選択肢ができた」とジョークで語って笑いを誘った。長瀬には「感覚、スキルが唯一無二の存在なので、退社してから世の中にどうアウトプットされていくかが楽しみ」とエールを送った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月25日のニュース