入来茉里 柄本時生との新婚生活は“あること”で食い違い「これが『性格の不一致』かと思って」

[ 2020年7月21日 21:38 ]

柄本時生と結婚した入来茉里
Photo By スポニチ

 女優の入来茉里(30)が21日放送の日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!」(火曜後7・56)に出演。今年2月に結婚した俳優の柄本時生(30)との新婚生活について赤裸々に語った。

 入来は結婚の馴れ初めについて「友達歴が12年あって、お付き合いもしていなかったんですけど、去年の夏、急に『結婚しない?』って言われて」と振り返る。「だから、最初の一週間は手しか繋げなくて」とのろけながら「付き合いが長い人と急に結婚するのおすすめです!」とアピールした。

 「結婚は何かと大変だと痛感したとき」というテーマでは「夫は寝る寸前まで大きな音を出すんですよ。ゲームをしたり映画を観たりとかで。私は逆に本を読むとか無音の状態が好きなんです」とライフスタイルに違いがあるという。

 婚姻届を出した日は入来の誕生日でもあったといい「すごく特別な日だったんです。それなのに、その夜もずっと一人でゲームしていて。さすがに怒ったんですど、これが離婚の原因でよく上がる『性格の不一致』かと思って。婚姻届を出した日から、結婚て大変だなと思いました」と話した。

 これを受けてMCの明石家さんま(65)は「結婚に対する考え方甘い!」とツッコむ。「それは日常や、普通やんか。夜中に大きな音出して、ゲームやって『うるさいわね~』やろ。それは向こうの生き方と、あなたの生き方がちがうだけ。性格の不一致とはちがう。それを合わしていかなしゃあないわな」と説くと「そうですね、じゃあ大変じゃないですね」と答えて、共演者を笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月21日のニュース