宝塚歌劇 コロナ影響で異例の“年またぎ公演”

[ 2020年7月21日 16:54 ]

宝塚大劇場
Photo By スポニチ

 宝塚歌劇団は21日、新型コロナウイルス感染症の影響で延期になっていた月組、宙組公演の新たな日程を発表した。

 月組「WELCOME TO TAKARAZUKA/ピガール狂騒曲」は9月25日~11月1日まで兵庫・宝塚大劇場で、東京宝塚劇場では11月21日に開幕し来年1月3日に千秋楽を迎える。例年、東京公演は12月末までに終了しており、年をまたいでの上演は異例。

 宙組の大作ミュージカル「アナスタシア」は11月7日、宝塚大劇場で開幕。12月14日に千秋楽となる。東京宝塚劇場では1月~2月に上演される予定。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月21日のニュース