工藤遥 ひたすら壁を登る 初主演映画で4カ月ボルダリング猛特訓

[ 2020年6月27日 05:30 ]

初主演映画「のぼる小寺さん」でボルダリングに挑戦した工藤遥
Photo By 提供写真

 元「モーニング娘。」の工藤遥(20)が、初主演映画「のぼる小寺さん」(監督古厩智之、7月3日公開)でボルダリングに挑戦している。

 スポーツクライミングが東京五輪の公式種目になり注目が集まる中、初心者の工藤は「経験者にも納得してもらえるような説得力のある登りを見せたいと思い、ひたすら壁を登る毎日でした」と撮影期間も含め約4カ月の猛特訓を積んだ。映画は脇目もふらず壁に挑み続ける工藤の姿に、同級生ら周囲が感化されていく青春ドラマ。「次の一歩が踏み出せない人の背中を押すような作品になればうれしいです」とアピールした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月27日のニュース