元阪神・井川慶氏 ボーア復調へ緊急提言「まずはインコース、カウント球を叩け」 藤浪にも助言

[ 2020年6月27日 20:35 ]

昨年4月のファーストピッチセレモニーに阪神のユニホーム姿で登場した井川氏
Photo By スポニチ

 元阪神の井川慶氏(40)が27日放送の関西テレビのスポーツ情報番組「こやぶるSPORTS」(土曜後5・30)に生出演し、開幕1週間で最下位に低迷する古巣に対し緊急提言をおくった。

 井川氏は03年、05年の阪神のリーグ優勝にエースとして貢献。03年は20勝をあげ、最多勝、最優秀防御率のタイトルを獲得した。

 「4番降格」の悩める主砲・ボーアについて、井川氏は「左(投手)を打てていないのはたまたま」「1周、2周と(対戦が)回っていけば結果は出てくる。数こなせば大丈夫」と楽観的。不振の原因としてメンタル面をあげ「異国で(野球をプレーするのが)初めて、悪い方向に向いた」と指摘した。

 ボーアは、24日のヤクルト戦で6番に座り、来日19打席目で初ヒットを打った。虎ファンとしては今後の打棒爆発を期待したいところ。

 MCの吉本新喜劇、小籔千豊(46)から「井川さんがコーチならどうしますか?」と聞かれると、「インコースを攻められ、最後は外(で打ち取られている)。カウント球(のインコース)を叩かれればピッチャーはきつい。まずはインコースを、強い打球を打つこと」とアドバイスした。

 次に、2軍で調整中の藤浪晋太郎(26)には「自分の球を信じろ」とゲキを飛ばした。

 井川氏は、藤浪の復調には「きっかけが必要」としたが、「だれかに言われてよくなるものではない。試合でつかむもので、自分でつかむしかない。バッターにたくさん投げるしかない」と指摘。

 そのうえで26日の2軍戦で3回無失点に抑えたピッチングを「勢いのいい球が来ていた」と評価。「井川阪神なら先発ローテに入れますか?」との質問には、「もちろん、入れます」と即答し、「軸にならないといけないピッチャーと思う」と期待を寄せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月27日のニュース