豊島名人、逃げ切って2勝目 第78期名人戦7番勝負第3局

[ 2020年6月27日 05:30 ]

渡辺明3冠(左)と豊島将之名人・竜王
Photo By スポニチ

 豊島将之名人・竜王(30)、渡辺明3冠(36)ともに1勝1敗で迎えた将棋の第78期名人戦(毎日新聞社、朝日新聞社主催)7番勝負第3局第2日は26日、東京都渋谷区の将棋会館で行われ、先手番の豊島が145手で渡辺を下し、シリーズ成績を2勝1敗とした。持ち時間各9時間のうち、消費したのは豊島が8時間57分、渡辺は8時間59分。

 豊島は第1日から徐々に先攻したが、第2日の夕食休憩時には渡辺の追い上げに遭い盤面は互角。しかしその後再びリードを奪い、最終盤は渡辺の度重なる連続王手を冷静にかわして逃げ切った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年6月27日のニュース