北島康介氏が代表の「AQUALAB」 新型コロナ対策でキャピタルメディカ社とアドバイザリー契約

[ 2020年6月18日 15:00 ]

北島康介氏
Photo By スポニチ

 競泳平泳ぎで五輪2大会連続2冠の北島康介氏(37)が代表を務めるスイムトレーニング施設AQUALABが、医療機関の運営支援などを行うキャピタルメディカ社と新型コロナウイルス対策に関するアドバイザリー契約を締結したことが18日、発表された。

 キャピタルメディカ社は約30項目からなる感染対策のガイドラインを策定。そのガイドラインを遵守して運営する施設に発効する「BBB(ビルド・バック・ベター)認定証」をAQUALABに贈った。北島氏は「今まではどういうことが正しいのか専門的な知識がなかった。1日も早く安全にスポーツをできる環境を取り戻したい」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月18日のニュース