上西小百合 河井夫妻の逮捕受け「これで選挙の裏側がどんどん明らかになればいいな」

[ 2020年6月18日 20:22 ]

元衆院議員でタレントの上西小百合
Photo By スポニチ

 元衆院議員でタレントの上西小百合(37)が18日、自身のツイッターを更新。検察当局が同日に公選法違反の疑いで、前法相の衆院議員、河井克行容疑者(57)と妻の参院議員・案里容疑者(46)を逮捕したことについてコメントした。

 上西は「河井克行・案里議員が逮捕された。これで選挙の裏側がどんどん明らかになればいいなと思う」と書き出し、ツイートを連投。「残念なことに、このご時世でも未だに選挙区によっては何かにこじつけては選挙が近づくと金をばらまく実態がある。手法としては党支部宛て領収書を添えて現金を持って行く(うるさい所には領収書を添えずに現金を渡す)ってやり方がポピュラー」と現代の選挙の実態について私見を述べた。

 「むしろお金を渡さないと『(お金もくれないのに)何で私が選挙の応援しなきゃダメなんだ』とごねる恐喝まがいのクレクレ地方議員もいて、その圧に私も苦労させられた。違法だし凄くムカつくから1円だってあげなかったけど」と議員時代を振り返り「潔白を主張する河井案里議員、キャッシュで選挙費用の残りがキッチリ残ってればいいけど。まぁ、ないよね。どんな選挙区事情があろうとも違法行為は許されるべきではないし、重圧に耐えられずに違法行為に手を染める人に議員の資格はない。直ちに議員辞職すべき」と厳しい言葉で持論を展開した。

 上西は損保会社勤務などを経て維新政治塾に参加。12年の衆院選に旧日本維新の会から出馬し初当選。15年4月、本会議欠席問題などを理由に、旧維新の党を除名処分になった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月18日のニュース