「アゲアゲさん」折田翔吾四段がプロデビュー 大橋貴洸六段と対局

[ 2020年6月3日 12:59 ]

大橋貴洸六段(左)とのデビュー戦に臨んだ折田翔吾四段
Photo By 提供写真

 4月にプロになった将棋の折田翔吾四段(30)が3日、大阪・関西将棋会館でデビュー戦となる棋聖戦1次予選の対局に臨んだ。相手は大橋貴洸六段(27)。2016年10月のプロデビューが藤井聡太七段(17)と同期。それ以来の戦績が対局前までで126勝46敗の勝率・733を誇るホープだ。

 「アゲアゲさん」の愛称で知られるユーチューバー棋士は、戦型に角換わり腰掛け銀を選択。先手の折田が勢いよく開戦したが端を突破され、1時間の持ち時間も先に秒読みへ突入した。持ち駒の少ない細い攻めは届かず大橋に入玉態勢を築かれ、142手で投了した。

 2日、渡辺明棋聖(36)=王将・棋王との3冠=への挑戦まで王手をかけた藤井。4日のトーナメント決勝では、永瀬拓矢2冠(27)と8日開幕の5番勝負挑戦権を争う。折田が目指したのは、その5番勝負勝者への来年の5番勝負挑戦権だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月3日のニュース