杉本八段、愛弟子・藤井七段の成長実感「今の充実ぶりなら互角の勝負できる」

[ 2020年6月3日 05:30 ]

将棋の杉本昌隆八段
Photo By スポニチ

 史上最年少棋士が快挙まであと1勝に迫った。将棋の藤井聡太七段(17)は2日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた棋聖戦決勝トーナメント準決勝で佐藤天彦九段(32)を破った。4日の決勝では永瀬拓矢2冠(27)と対戦。勝てば8日開幕の5番勝負出場が決まり、タイトル戦出場の史上最年少17歳10カ月20日を樹立する。

 杉本昌隆八段は、愛弟子・藤井の次戦での記録更新に期待を寄せた。

 この日は名古屋市内の自宅で中継を観戦したが「久しぶりの公式戦でもブランクは感じさせなかった」と感心しきり。決勝の相手・永瀬は強敵だが、今回と同じく勝てば挑戦者になれた昨年11月の王将戦挑戦者決定リーグ最終戦で、終盤の痛恨ミスで広瀬章人八段に敗戦した時を引き合いに「あの経験が生きる。当時よりも強くなっている」と断言。「今の充実ぶりなら永瀬2冠相手でも互角の勝負ができるはず」と師匠目線で言葉に力を込めた。

 新型コロナ禍の影響で2カ月以上会っておらず、ずっと電話連絡のみ。最近では約10日前に話したが、その口ぶりから「自宅にいながら、いつも以上に精進していたはず」と推察する。竜王戦3組ランキング戦決勝では2度目の師弟対決(日程未定)も控えている。「大きい勝負が続くけど竜王戦以外は頑張ってと激励しておきました」と冗談ぽく語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月3日のニュース