星野源 石田ゆり子は「本当にフリースタイル」、インスタライブ配信中の“直談判”に驚き

[ 2020年6月3日 17:57 ]

星野源(左)と石田ゆり子
Photo By スポニチ

 シンガーソングライター・星野源(39)が2日深夜放送のニッポン放送「星野源のオールナイトニッポン」(火曜深夜1・00)に出演し、女優・石田ゆり子(50)のインスタライブに参加した際の裏話を披露した。

 先月31日、石田が自身のインスタグラムでライブ配信を行い、星野をはじめ、俳優・斎藤工(38)、女優・板谷由夏(44)らが出演。豪華コラボレーションとして話題となった。

 星野は食事中に「ゆり子さんインスタライブやるんだ」と気づき、配信を見ていたそう。その際の石田の行動を振り返り、「コラボというか、誰かとやるってやり方が分からなかったみたいで、知り合いの人がコメントをしたらその人をタップして強制的に呼び出すってことをしていたの」と笑いながら語った。

 コラボは事前に打ち合わせをするのが一般的とした星野。「(石田は)本当にフリースタイルというか。『誰誰いますか~』て言って、その人がいますよっていうものなら『〇〇さん!〇〇さん!出てくれませんか』って言って」と続けた。

 「何か癒される」。配信に不慣れな石田の様子を見て、癒しを感じたと星野。すると、「源くんいる~?」とまさかの指名が入ったという。事前の打ち合わせどころか、配信に対してコメントもしておらず「えーー!ってなって、ウソでしょ!?って。僕が見ていることなんて分からないはずなのに『源くんいる~?』って言って」と、当時の心境を明かした。

 ライブ配信の予定時間は1時間。「55分とかそれくらいにゆり子さんが(呼びかけた)。5分しかないじゃんって思いながら…。でも出て、ちょっとお話して、すごい面白くて」と満足そう。自身が出演した段階で10万人の視聴者がいたといい、「『1時間で終わるから、みなさんバイバーイ』って言っているんだけど、全然終わらなくて。『あれ、終わらないね~』とか言っていて、すげえ可愛いって思って」と感想を述べた。

 星野は“恋ダンス”が大きな反響を呼んだTBS連続ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(2016年放送)で石田と共演。今月2日放送の同局「逃げるは恥だが役に立つ ムズキュン!特別編」のエンディングでは、石田が“恋ダンス”をリモートでサプライズ披露し、画面上でコラボした。星野はそのことにも触れ、「にぎやかになっておりまして、感想をラジオに送ってください」と呼びかけていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月3日のニュース