囲碁タイトル戦開幕 本因坊戦7番勝負第1局 井山本因坊の9連覇が懸かる注目カード

[ 2020年6月3日 05:30 ]

本因坊戦7番勝負で井山裕太本因坊(右)と対局した芝野虎丸2冠(提供写真)
Photo By 共同

 囲碁の七大タイトル戦、第75期本因坊戦7番勝負は2日、甲府市で開幕し、第1局の1日目を終えた。9連覇が懸かる井山裕太本因坊(31)に芝野虎丸2冠(20)が挑戦する注目のカードは、井山本因坊が74手目を封じて1日目が終了。

 今期の本因坊戦は5月12日に開幕予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期となっていた。

 井山本因坊は棋聖、天元と合わせ3冠を保持。芝野2冠は昨年、名人戦を制し、史上最年少の19歳11カ月で七大タイトルを初獲得。その後、井山本因坊から王座を奪取した。

 対局は2日制で持ち時間各8時間。3日朝に再開して同日夜に終局する見込みだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月3日のニュース