「スポーツマンNo.1決定戦」伝説の02年大会復活!古舘伊知郎「筋肉ルネサンス」

[ 2020年6月3日 04:00 ]

「令和に蘇る!スポーツマンNo.1決定戦 LEGEND」の放送が決定。(左から)ケイン・コスギ、ラグビー・大畑大介氏、ハンマー投げ・室伏広治氏、体操・池谷直樹氏(C)TBS
Photo By 提供写真

 競技の枠を超えてアスリートが真剣勝負するTBSスポーツバラエティー「スポーツマンNo.1決定戦」が、一夜限りで再放送される。8日午後9時から「令和に蘇る!スポーツマンNo.1決定戦 LEGEND」として復活する。

 1995~2010年に定期特番で放送。巨大跳び箱「モンスターボックス」、瞬発力を競う「ショットガンタッチ」などの種目で出場者が戦った。再放送されるのは02年大会。ハンマー投げ・室伏広治氏(45)ラグビー・大畑大介氏(44)俳優ケイン・コスギ(45)体操・池谷直樹氏(46)らが、番組史上最高と称された戦いを繰り広げる。

 総合実況を務めた古舘伊知郎(65)は「人間ドックならぬ身体能力ドック番組でした。一言で言うと“筋肉ルネサンス”だと思います」とアピールした。

 ▼古舘伊知郎 今思えば、人間ドックならぬ身体能力ドック番組でしたね。一流の各ジャンルのアスリートが集結してチャンピオンを決める。でも、総合力の凄みだけではなく、各種目に特化された筋肉アスリートの色気が見える二層構造になっていて、特に2002年の大会は、本当に凄かったですね。「スポーツマンNo.1決定戦」を一言で言うと「筋肉ルネッサンス」だと思います。垣根を超えた各ジャンルのアスリートが集結し、未知の競技を楽しみながらやってくれたおかげで番組が成り立っていたのだなと痛感します。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月3日のニュース