遠野なぎこ「会ったら覚えとけよ!」 リモート共演陣からの“結婚のススメ”にブチ切れ

[ 2020年6月3日 22:15 ]

遠野なぎこ
Photo By スポニチ

 女優の遠野なぎこ(40)が3日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後9・00)に出演、リモート共演したタレントの橋本マナミ(35)に向かって「会ったら覚えとけよ!」と画面越しにブチ切れるハプニングがあった。

 最近、給付金の申請などオンラインによる手続きが増えてきたことに「難しすぎる」と異議を唱えた遠野。「私って機械オンチなんです。当たり前のように“オンライン申請で…”と言われて、できないとこっちが悪いみたい。だれにも教わってないし。40歳の私ができないんだから、おじいちゃん、おばあちゃんだって。給付金に限らず、私でも詐欺にひっかかりそう」と嘆いた。

 これに対し、橋本は「私もひどい機械オンチで、ホントに何もわからなかった」と、遠野に同調するフリをしつつ、「(結婚して)旦那さんに教えてもらえた」とおノロケで返すと、遠野は「だから何だよ。最悪だな」と吐き捨てた。

 MCの垣花正アナ(48)が「遠野さんに結婚のススメですか?」と聞くと、橋本は「そう」と一言。遠野は「会ったら覚えとけよ」とすごんでみせた。

 二人の突然のバトルにアシスタントの大島由香里アナ(36)も「予期せぬ展開…」と驚きを隠せなかったが、もう一人、リモート共演の前衆議院議員、金子恵美氏(42)も“参戦”した。

 遠野と同様に「自治体の不親切さ」に言及し、遠野に共感して見せたのもつかのま、「私も夫が(教えてくれて)…」と言い出した。

 遠野は「何だよ、この女ども…落ち込んで寝れないよ」と顔をゆがめた。

 垣花アナが「遠野さん、泣いているの?」と気遣うと、「みんなひどいよ、一週間ぶりに会えるの、楽しみにしているのに…優しくしてよ!」と声を張り上げた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月3日のニュース