「スポーツマンNo.1決定戦」伝説の02年大会復活!ケイン・コスギ「人生そのもの」

[ 2020年6月3日 04:00 ]

「令和に蘇る!スポーツマンNo.1決定戦 LEGEND」の放送が決定。(左から)ケイン・コスギ、ラグビー・大畑大介氏、ハンマー投げ・室伏広治氏、体操・池谷直樹氏(C)TBS
Photo By 提供写真

 競技の枠を超えてアスリートが真剣勝負するTBSスポーツバラエティー「スポーツマンNo.1決定戦」が、一夜限りで再放送される。8日午後9時から「令和に蘇る!スポーツマンNo.1決定戦 LEGEND」として復活する。

 1995~2010年に定期特番で放送。巨大跳び箱「モンスターボックス」、瞬発力を競う「ショットガンタッチ」などの種目で出場者が戦った。再放送されるのは02年大会。ハンマー投げ・室伏広治氏(45)ラグビー・大畑大介氏(44)俳優ケイン・コスギ(45)体操・池谷直樹氏(46)らが、番組史上最高と称された戦いを繰り広げる。

 総合実況を務めた古舘伊知郎(65)は「人間ドックならぬ身体能力ドック番組でした。一言で言うと“筋肉ルネサンス”だと思います」とアピールした。

 ▼大畑大介氏 僕らマイナー競技の人間はメジャー競技の人たちと一緒にやれるということで、野球やサッカーファンもたくさん見る。そこにどれだけインパクト与えるのかっていうのは凄く考えていました。だから自分が出る時はとにかく結果残さなきゃいけないっていう思いでやっていましたね。オンエア終了後の反響がもの凄かったです。

 ▼ケイン・コスギ スポーツマンNo.1決定戦は僕の「人生」そのものです。中でも2002年の大会は僕の全部が凝縮された大会ですね。2000年で初めて総合No.1になり、2001年は2位だったので凄い悔しかったので、本気で総合No.1を獲るために1年間ずっと練習してました。メダリストの室伏広治さん、ディフェンディングチャンピオンの大畑大介さん、池谷直樹さんが集結した、過去最高レベルの大会だったと思いますね。

 ▼池谷直樹氏 2002年大会は凄く調子が良くて、年齢的にも一番動ける歳でした。過去歴代で一番凄いメンバーが揃っている。その中でNo.1になるという思いでやっていましたし、凄いプレッシャーでしたが、特にケイン・コスギと照英には負けたくないという気持ちでした。得意の「モンスターボックス」は古舘さんの実況が聞こえなくなるくらい集中していました。間違いなく伝説に残る大会でしたし、メンバーも最強でした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月3日のニュース